CIC

クリーンルーム用衣服の特殊洗浄

CIC洗浄フロー

  1. 受入

    種類別に分類しチェック表に記入する。

  2. 洗浄

  3. クリーン化

    超純水(比抵抗値15MΩcm以上)でクリーン化する。

  4. 乾燥

    清浄空気によりタンブリング乾燥する。

  5. クリーン包装

  6. 出荷検査

    チェック表に基づき、確認作業を行う。

  7. 出荷

    パッキングされた製品を指定のコンテナに入れる。

ハイグレードな洗浄と発塵検査

人体及び全ての装着品を含む作業者からの発塵は、クリーンルームにおける最大の汚染源です。
そこでクリーンルーム用衣服を測定評価する事は、大切です。
【JIS B 9923】
(タンブリング法測定装置)

ICタグによる洗浄履歴管理システム

これまで、クリーンルーム用衣服の繊維劣化を定期的に測定する仕組みが無く充分な対応は、取られていませんでした。
ICタグ管理システムを採用すれば、衣服の洗浄履歴が可能となり、繊維の疲労度を定期的に検査する事が可能となりました。

ご満足頂ける、個別対応サービスの充実を

当社は、クリーニングのタイミングで修理、加工、プリントを1枚から、そして1個から対応させて頂きます。
*ポケット加工、ペン刺し、ワッペン取り付け短納期対応致します。
他社と比較して下さい。

プリント(ハガレネーム)参考例
1枚からでも印刷可能です。
一般用、来客用の選別が容易になります。

テスト洗浄のお問い合わせ

使い捨てで使用していた、手袋やワイパークロスを特殊洗浄技術でリユースを可能に、コストダウンに繋がります。

テスト洗浄に関するお問い合わせ
些細なことでもお気軽にお問い合わせください。tel.072-948-1461 メールでのお問い合わせ